ゲストハウス・シェアハウスについて

ゲストハウスとは、大人数で一つの住宅をシェアする新しい生活方法です。外国からの留学生や女性にもおすすめです。

ゲストハウスの個人スペースとは

ゲストハウス(シェアハウス)は、その建物の構造や管理方法によって、個人に与えられるスペースは大きく異なります。現在、不動産会社のホームページなどで検索ができるゲストハウス(シェアハウス)の多くは、個人用スペースがどのような取り扱いになっているかを調べることができます。
ゲストハウス(シェアハウス)として住むことのできる部屋としては、「シングルルーム(個室)」「ドミトリー」「シェアルーム」「アパートメント」「コンパートメント」などといった分類があります。最も一般的なのが「シングルルーム(個室)」タイプという、一室を一人で使うようにする部屋です。シングルルームの場合、ベッドや冷蔵庫、エアコン、机、収納といった個室としてのプライベート部分をもちつつ、キッチンやリビング、シャワーなどを共有することになります。
ゲストハウス(シェアハウス)の場合、入居者以外の友人の宿泊を制限している場合もよくあります。宿泊そのものを認めていないところから、宿泊日数を制限している部屋もあり、場合によっては友人分の追加家賃を求められる場合もあります。また、友人も一緒に住みたいと希望するようになった場合などには、2人部屋として新たに家賃設定をしてもらえることもあります。
ゲストハウス(シェアハウス)には他にも、一部屋を4~8人程度でシェアしたり、普通のアパートのようにキッチンやトイレ、バスルームまで個室に配備されている部屋もあります。